眼科医は市販の目薬を使わない

眼科医は市販の目薬を使わない

 

市販の目薬はおよそ100種類ほどあります。
パソコンなどによる目の疲れや、コンタクトによる疲れを
解消するため、購入する方が増えているそうです。
・眼科医は市販の目薬を認めていない

医師によって意見は異なりますが、
多くの医師が市販の目薬を避けています。

なぜ、市販の目薬はいけないのでしょうか。

 

【市販の目薬には、防腐剤が多く含まれている】

防腐剤を入れなくては1、2週間で使用できなくなってしまう為
市販のものには必ず防腐剤が入っています。
これは、角膜に傷をつける危険性があります。
なので医師は市販の目薬の使用を勧めていません。
【市販の充血は充血悪化の原因に】
充血をとる目薬は血管収縮剤が入っているため
さらに充血が悪化する恐れがあります。

 

では、病院の目薬は大丈夫なのでしょうか。
★人工涙液でできている

防腐剤は入っておらず、涙と同じ成分が含まれています
★なるべく血管収縮剤は使わない
血管収縮剤を使うと薬の効果が切れた際に
かえって充血させてしまうため眼科医は血管収縮剤を使わない。

 

市販の目薬を買う場合は、血管縮剤が含まれていない目薬を選ぶ事をおすすめしま
す。
ですが本来は医師に相談して購入した方が安全です。

 

関連記事

  1. 印象を変えるカラコン効果
  2. カラコンを選ぶ3つのポイント
  3. ジルでオルチャン♥

ご購入はこちら♪

bigarrow jiiiii